ナタリア・ソトニコワ:キアリ奇形I型、脊髄空洞症、脊柱側弯症


ナタリアさんの体験談

手術日:2012年5月

私は現在58歳で、ロシアのノヴォシビルスクでMRI検査を受けた後、アーノルド・キアリI型症候群脊髄空洞症と診断されました。その後何人かの先生にも診てもらいましたが、誰も治してはくれませんでした。診てもらった先生に言われたのは、まずは様子を見て、時期が来たら大後頭孔減圧術を行うかどうか考えよう、でした。しかし私は、大後頭孔減圧術が障害をもたらす可能性のある手術であることを知っていたので、一度もその手術を受けようとは考えませんでした。

インターネットで情報収集を始めたころ、偶然バルセロナキアリ研究所を見つけました。当時、病状は悪化し、まるで80歳かと思うほど体は衰え、残された選択肢は終糸切断手術しかないと思い、手術を勧められてからすぐバルセロナへ向かいました。これが私にとってのチャンスだと確信し、研究所にすべてを託しました。

現在手術から2年が経ちますが、最後の1年は本当に素晴らしい年でした。今は40歳〜45歳に若返ったと感じるほど、人生を楽しんでいます。今と比べると、終糸切断手術を受ける前の日々はまさに悪夢です。

私と同じ病気を患っている皆さんに、もし普通の生活を送れる可能性がある方、または送りたいと思っている方がいらっしゃれば、ぜひ終糸切断手術を受けてください。

電話番号: 8913-920-04-488953-764-69-30

スカイプ: sotnikova.natalya

メールアドレス: [email protected]













無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

[email protected]

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona, nº 32

Barcelona, España, CP 08034