アリナ・クバールタルナヤ:キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症

Published by at 2012年7月9日


Alina_Kvartalnaya
手術日:2012年6月

  ロシア人

私の名前はアリナ・クバールタルナヤです。51歳です。2007年にアーノルド・キアリ奇形I型脊髄空洞症だと診断されました。ノヴォシビルスク(Novosibirsk)にある病院で手術を受け、手術後の2年間はまずまず調子がよかったのですが、2009年に足全体とつま先がしびれるようになり、歩くのが困難になりました。2011年に足を骨折し、さらに同年もう片方の足も骨折しました。背中だけではなく体中が痛みました。

もうどうしたらいいのか、誰に助けを求めたらいいのかわからなくなっていた時、インターネットを通してバルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の情報を見つけました。2011年に私の持っているすべてのMRI画像を送り、その年の2月に、手術が受けられるとの連絡が来ました。

2012年6月12日にはすでにバルセロナにいて、終糸切断手術を受けました。そして手術の次の日には、退院許可が出ました。キアリ研究所の医療チームの方々にはとても感謝しています。

以前は30分以上座っていられなかったのが、今では痛みを感じずに座っていられること、4年前から痛みが原因でできなかった仰向けで寝るということが今ではできること、そういった変化に深く感動しました。退院許可が出た次の日(手術から2日後)には、もうバルセロナ観光をすることができるくらい回復していました。

本当にありがとうございました。

アリナ

連絡先 携帯電話:89639467953 自宅の電話番号:8 383 284 76 24



無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

[email protected]

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona, nº 32

Barcelona, España, CP 08034