マグダレナ・フランコフスカ(Magdalena Frankowska):小脳扁桃下垂、特発性脊髄空洞症、椎間板症、神経頭蓋脊柱症候群、終糸病


手術日:2014年7月

私の名前はマグダレナ・フランコフスカです。ポーランド人です。20年前から体のひどい痛みに悩まされていました。数年間に渡って多くの専門家に診てもらい、ポーランドのノバスルの脳神経外科医にアーノルド・キアリI型症候群脊髄空洞症と診断されました。聞いたことのない病名に戸惑い、さらに先生からこの病気の治療法はないと言われ、困惑しました。先生は治療法として大後頭孔減圧術は勧めず、スペインのバルセロナで行われている最新の治療法について教えてくれました。インターネットでバルセロナキアリ研究所を見つけ、ポーランド語担当のカタルジナさんにコンタクトを取りました。

本日、手術から3日が経ちましたが、体調はとてもいいです。以前は、朝起きるのもトイレに行くのも怖くて躊躇していましたが、今はもう怖くありません。また、歩き方や聴覚も改善して、嚥下困難もなくなり、目の痛みもありません。もちろん、まだ3日しか経っていないのは事実ですが、それでも日常生活を送るうえで症状の改善が感じられたのは確かです。

みなさん、絶対に大後頭孔減圧術を受けないでください。バルセロナキアリ研究所での治療を一度検討してみてください。

メールアドレス: [email protected]
電話番号: 0048 609 475 103













無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

[email protected]

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona, nº 32

Barcelona, España, CP 08034