終糸システム®サニタリー第1回講義閉幕

Published by at 2014年5月2日



FABFilum1ed001
FABFilum1ed002
FABFilum1ed003

 

バルセロナ終糸アカデミー®にて開講されていた終糸システム®サニタリーの第1回講義が、3月28日(金)に閉会式を迎えました。終糸システム®サニタリーの認可証は、当アカデミーの受講を通してのみ、得ることができます。

教授陣は5日間の集中講義で、終糸システム®サニタリーの12の治療計画ガイドラインの理論を臨床例とともに解説していきました。

バルセロナ終糸アカデミーのロヨ学長は「様々な分野で活躍する素晴らしい医師を当アカデミーの第1回生として迎えられたこと、また、終糸病という新しい概念を学生と共有できたことを光栄に思っている」と述べられ、今回受講された学生に心から敬意を表しています。

閉会式では、ロヨ学長と秘書から学生それぞれに修了証と認可証が手渡され、カサ・アメリカ・カタルーニャ(Casa América Catalunya)からはダンテ・トレス医師のご来席を賜りました。最後にカバ(カタルーニャ産の発泡ワイン)で乾杯し、閉幕となりました。

補足:写真は画像ギャラリーからもご覧いただけます。


 

FABFilum1ed004

(左からメンデス先生、ルエ心理学者、ロヨ学長、フィアヨス先生) 教授陣にとって大変忙しい1週間になりました

FABFilum1ed005

(クロチェ先生、ディ・ジェス先生)

FABFilum1ed006

(カルソ脳神経外科医、ロヨ学長)

FABFilum1ed007

(クロチェ先生、ディ・ジェス先生、メンデス先生、ルエ先生)

FABFilum1ed008

(メンデス先生、ルエ先生)

FABFilum1ed009

(メンデス先生の真剣な表情)

FABFilum1ed010

(カルソ先生にビブリオグラフィーを手渡すロヨ学長)

FABFilum1ed011

(ディ・ジェス先生にビブリオグラフィーを手渡す瞬間)

FABFilum1ed012

(ロヨ学長とクロチェ先生の仲睦まじい姿)

 

FABFilum1ed013
(ロヨ学長からカルソ先生に認可証が手渡される瞬間)

FABFilum1ed014

(左からシステム管理のフアン・マヌエル氏、ロヨ学長、ルエ先生、シャビエ・アントン氏、メンデス先生、ディ・ジェス先生、カルソ先生、クロチェ先生、フィアヨス先生のお腹)

FABFilum1ed015

(左端:ジェネラル・コーディネーターのマラ・エスピーノ氏、右端:フィアヨス先生)



無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

icb@institutchiaribcn.com

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona 16,

Barcelona, España, CP 08034