アンジェラ・グリエコ:キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症

Published by at 2013年4月8日


手術日 :20083

  イタリア人

私の名前はアンジェラ・グリエコで、イタリアのマテーラ県に住んでいます。ここで、私がどのようにアーノルド・キアリ奇形I脊髄空洞症を患っていることに気づいたかをお話ししたいと思います。

思春期の頃から、目や首、顔に神経痛がありました。時間が経つとともに、痛みの起こる頻度は増えていきました。背中が痛み、そこを触られると背骨の横に痛みを引き起こしているヒモのようなものを感じました。私はその後いくつもの整形外科の病院を回り、スポーツ医のところにも足を運びました(そこでは上記のヒモの部分に注射を打たれました)。

40歳ごろになって、手足のしびれやめまい、顔の痛み、脊柱の圧迫、頭の中心の激痛など、痛みが増していきました。私の住んでいる村の神経内科の先生にお願いして、MRIを受けられるように準備してもらいました。そして、MRI結果から私の病気がわかったのです。ミラノ・カルロ・ベスタ神経学研究所に行き、唯一の解決策は大後頭孔減圧術だと言われました。偶然にも、ピエトロ・ジリオラ(Pietro Gigliola)さんという終糸切断手術を受けた人の話を聞くことができ、ピエトロさんを通じてロヨ先生とリタ・プレスブルゴ(Rita Presbulgo)さんに知り合うことができました。

2008年3月4日、バルセロナで終糸切断手術を受けました。術後の回復はとても早く、以前のような激しい痛みで苦しむこともなくなりました。もうかばんに炎症を抑える薬を携帯する必要もなくなりましたし、頸椎椎間板ヘルニアや脊髄空洞症(第7頸髄-第1胸髄)で苦しむこともなくなりました。

ロヨ先生、先生のプロ意識と人間性に深く感謝申し上げます。また、ピエトロ・ジリオラさん、ピエトロさんの手術の体験談やロヨ先生とのコンタクトの取り方などを教えてくださってありがとうございました。最後にリタ・プレスブルゴさん、リタさんには手術前後に励ましの言葉をたくさんいただき、とても感謝しています。



無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

[email protected]

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona, nº 32

Barcelona, España, CP 08034