病気の診断と治療に関するご質問




 
 
 
 

1.1 診断について

1.1.1 アーノルド・キアリI型症候群/特発性脊髄空洞症/特発性脊柱側弯症の診断をどのように確定しますか。

1.1.2 腰仙部MRI画像を、仰臥位(仰向け)のほかに伏臥位(うつ伏せ)で撮影する必要がありますか。

1.1.3 アーノルド・キアリ奇形I型を患っているのに、どうして頸部以外に胸部と腰部のMRI検査と全脊柱X線検査が必要なのですか。

1.1.4 “何特発性”とはですか。

1.1.5 私は水頭症とアーノルド・キアリI型症候群を患っているのですが、飛行機に乗ることはできますか。また水頭症の治療は受けられるのでしょうか。

1.1.6 “ 神経頭蓋脊柱症候群”と“終糸病”は何ですか。

1.1.7 脊柱側弯症の弯曲が40〜50度あります。終糸切断手術で進行は止まりますか。

1.1.8 脊柱側弯症の側弯が50度以上あるので、整形外科医や外傷医には脊椎固定術を勧められました。それなのにどうして終糸切断手術を受けなければなりませんか。また、受けるとしたらいつ頃がいいですか。

1.1.9 脊柱側弯症を患っているのに、どうしてMRI検査を受けなければなりませんか。




 
 
 
 

1.2 外科治療の提案

1.2.1 担当医に手術を提案されたのですが、どうしたらいいですか。

1.2.2 終糸病の治療で、いつ終糸システム®適用での終糸切断手術を受ければいいですか。

1.2.3 MRI画像などで病気が見つかっても、症状が全くない患者さんはいますか。

1.2.4 外科治療は待った方がいいという脳神経外科医もいるのですが、それはどうしてですか。

1.2.5 終糸システム®適用での終糸切断手術を待った方がいい症例はありますか。

1.2.6 終糸システム®適用での終糸切断手術と大後頭孔減圧術やシャント術の治療の違いは何ですか。

1.2.7 私は脊髄空洞症あり/なしのアーノルド・キアリ奇形I型(アーノルド・キアリI型症候群)を患っていて、バルセロナキアリ研究所に終糸切断手術を勧められましたが、他の脳神経外科の先生からは大後頭孔減圧術を勧められました。終糸切断手術後に、大後頭孔減圧術を受けなければならない例はありましたか。

1.2.8 術後の症状の変化は何に左右されますか。




 
 
 
 

1.3 治療

1.3.1 バルセロナキアリ研究所の終糸切断手術はどのように行われますか。

1.3.2 手術創はどこにできますか。目立ちますか。

1.3.3 終糸切断手術にはどのようなリスクや合併症がありますか。

1.3.4 終糸切断後、脊髄が脊椎内で動いてしまうことはありませんか。

1.3.5 終糸は何か機能があると思うのですが、切ってしまって大丈夫なのでしょうか。

1.3.6 バルセロナキアリ研究所の終糸システム®適用での終糸切断手術の効果は、患者の年齢によって変わりますか。

1.3.7 何歳から終糸切断手術が受けられますか。小さい子供でも終糸切断手術を受けられますか。

1.3.8 終糸切断手術は10代の患者でも受けられますか。

1.3.9 年配の終糸切断手術例はありますか。何歳まで受けられますか。

1.3.10 手術日に月経が重なると、手術に支障が出ますか。

1.3.11 終糸切断手術後に、終糸が再度くっついてしまうことはありますか。

1.3.12 どうして私の国では終糸切断手術が行われていないのですか。終糸切断手術を実施している病院を見つけましたが、キアリ奇形や脊髄空洞症、脊柱側弯症には効果がないと言われました。

1.3.13 母国で診てもらった先生に、ロヨ先生と同じ手術を行っていると言われました。信じてもいいのでしょうか。

1.3.14 終糸システムの横に登録商標マーク(®)が付いているのはなぜですか。




 
 
 
 

1.4 治療の効果

1.4.1 終糸切断手術後、アーノルド・キアリI型症候群(キアリ奇形I型)で下垂した小脳扁桃は元の位置に戻りますか。

1.4.2 終糸切断手術後に、症状はなくなりますか。

1.4.3 すでに大後頭孔減圧術を受けましたが、終糸切断手術の効果に影響は出ますか。

1.4.4 終糸切断手術後に脊髄空洞症の空洞はなくなりますか。

1.4.5 終糸切断手術で脊柱側弯症の進行は止められますか。

1.4.6 脊柱側弯症患者が終糸切断手術を受けたら、背骨を矯正できますか




 
 
 
 

1.5 EL POSTOPERATORI

1.5.1 終糸切断手術後にしなければならないことは何ですか(休職の期間、薬、リハビリ、術後検診など)。

1.5.2 終糸切断手術が終わって、日本に帰国しました。傷口から血や膿のようなものが出ているのですが、どうしたらいいのでしょうか。

1.5.3 終糸切断手術を受けてから普通の生活に戻れるまで、どのぐらいかかりますか。

1.5.4 終糸切断手術直後は明らかな改善が見られたのですが、術後少ししてから悪化しているような気がします。どうしてでしょうか。

1.5.5 終糸切断手術後に理学療法を提案されました。どのくらいの期間行わなければなりませんか。

1.5.6 理学療法を受けるためにリハビリセンターに行ったのですが、外国で手術を受けたからそこではリハビリはできないと言われました。どうすればいいですか。

1.5.7 終糸切断手術後、症状はどうなっていきますか。








無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

icb@institutchiaribcn.com

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona 16,

Barcelona, España, CP 08034