サンドラ・ルーカス(Sandra Lucas):腰椎椎間板ヘルニア(L5-S1)

Published by at 2007年6月15日


inb_foro_sandralucas

手術日:2007年6月

こんにちは。私の名前はサンドラです。39歳です。トラックを運転する仕事をしている関係で、脊椎が痛むようになりました。

私は最初、保険会社の病院へ行きましたが、そこではこれ以上痛むようだったら仕事を休むようにと言われただけで他には何もしてくれませんでした。結局公立病院のかかりつけの医者に診てもらい、注射を受け痛み止めの薬も処方されましたが、全く効きませんでした。そして1年後に手術を受けることになるだろうと言われましたが、未だに連絡は来ません。さらに、手術は整形外科の先生によって行われると聞き、私は手術を受けようという気にならなかったので、自分で解決策を見つけることにしました。

痛みは激しく、背中から足の先まで広範囲に渡りました。特に左側の痛みのせいで、ほとんど何もすることができませんでした。左足に力が入らなくて、靴を履くのもいすやベッドから立ち上がるのも耐え難い痛みを伴いました。

このような状態が2年半続き、まさに地獄でした!!

ある日インターネットでロヨ先生のホームページを見つけ、そこに詳しく説明が書いてあり、私の持っているすべての検査画像を送った後、最終的に手術を受けることに決めました。

最終的に2007年6月26日にロヨ先生に手術をしてもらい、手術は成功し次の日には足に力が入るようになりました。日が経つごとに腰や脚の痛みも消えていきました。

現在手術から3ヶ月ほどが経ちましたが、術後経過は良好でもう少しで仕事復帰できそうです。こんなに良くなるとは思ってもみませんでした。以前なら考えられないようなことも今ならできるようになり、私のような健康問題を抱えている方全員に、ロヨ先生と医療チームのもとをぜひ訪れてほしいと思っています。

本当にありがとうございました!

サンドラ

メールアドレスannamimo@hotmail.com



無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

icb@institutchiaribcn.com

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona 16,

Barcelona, España, CP 08034