第3回 終糸病の診断・治療講座 閉幕

Published by at 2015年10月27日


10月23日、バルセロナ終糸アカデミーで行われた第3回終糸病の診断・治療講座が無事閉幕となりました。本講座参加者は、本講座を修了することで終糸システム®サニタリー適用で患者さんの診療ができることになります。

5日間の集中講座では、終糸システム®サニタリーの12のプロトコルや、実際の症例を用いての臨床セッションなど多岐にわたりました。

講座修了時には、ロヨ学長から参加者それぞれに講座修了証書と認可書が手渡されました。

閉講式では、講座参加者および当アカデミースタッフも加わり、カヴァ(スペインのスパークリングワイン)で乾杯しました。

補足:写真は画像ギャラリーからもご覧いただけます。

————————————————————-

 

Filum_Clausura_1

ロドリゲス-バエサ教授による「形態学的視点から見た終糸」の基調講演の様子

Filum_Clausura_2

オジェ麻酔科医とロヨ医師

Filum_Clausura_3

オジェ麻酔科医による麻酔に関するプロトコルのプレゼンの様子

Filum_Clausura_4

Pre フアン-マヌエル・ジェネ氏の臨床情報処理に関するプレゼンの様子

Filum_Clausura_5

シマ病院での外科治療セッション

Filum_Clausura_6

Filum_Clausura_7

手術直後の臨床セッション

Filum_Clausura_8

ルエ氏による「終糸システム®で治療を受けた患者さんの生活の質」のプレゼン

Filum_Clausura_9

Filum_Clausura_10

ディ-ジェズ氏による「マンティア-ロヨ・リハビリプロトコル」のプレゼン

Filum_Clausura_11

ロヨ学長から修了証書を受け取るトゥロフスキ教授

Filum_Clausura_12

ロヨ学長から修了証書を受け取るボイトビッチ医師

Filum_Clausura_13

ロヨ学長から修了証書を受け取るシミギン医師

Filum_Clausura_14

ロヨ学長から修了証書を受け取るバルトン氏

Filum_Clausura_15

ロヨ学長から修了証書を受け取るスリウィンスカ氏

Filum_Clausura_16

(左から)通訳のバルバラ・ブルブレスカさん、謝辞を述べるトゥロフスキ教授



無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

icb@institutchiaribcn.com

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona 16,

Barcelona, España, CP 08034