頸椎椎間板ヘルニア


最終更新日: 09/10/2018, ミゲル・ロヨ医師, 登録番号: 10389. 脳神経外科医、神経内科医
 

頸部は胸部よりも空間が存在しますが、頸椎椎間板ヘルニアは胸椎椎間板ヘルニア同様、神経根と脊髄(頸髄)に影響を及ぼします。しかし頸椎椎間板ヘルニアの方が頻度が高いため、頸椎に神経根と脊髄損傷を起こしやすくなります。

手のしびれ、時折現れる筋力低下を伴う腕に広がる頸部の痛みは、頸髄部に問題がないか考える必要があります。また、筋力低下や脚のしびれ、首の痛みや括約筋の異常は、頸髄損傷が起きている可能性があります。

神経学的検査を通して多くの情報を手に入れることができ、それにより様々な病気の可能性を考えたうえで診断することができます。

脊髄損傷の疑いがある場合、MRIやCTスキャンによって症状に関連した損傷部を確認することができます。頸椎椎間板ヘルニア、または頸部脊柱管狭窄症の場合、治療の決定は常に病歴そして患者さんの身体検査を通して決められます。身体検査によって何が原因で異常が起こっているのか、どこを手術しなければならないのかがわかりますが、手術の決定を下すものではありません。

ヘルニアによる症状の初期治療はまず安静にし、抗炎症薬や鎮痛薬の服用などで経過観察をします。筋力低下や触覚障害、括約筋の異常が見つかった場合には手術が必要です。

ヘルニアの手術は神経根や脊髄を圧迫している椎間板の中央軟骨組織を除去することです。外科医によって自発的または手術中に飛び出した髄核部の除去手術の必要性が確認できた場合には、代替として患者さん自身の骨、採骨の際の傷を避けたい場合には動物由来の移植片、鉱物質、椎体間ケージなどが挿入されます。椎間板にスペーサーを入れても脊椎が不安定な場合は、プレートとねじで固定します。

手術結果は非常によく、合併症は非常に稀です。

 

hernia_discal_cervical_02
hernia_discal_cervical_03







無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

icb@institutchiaribcn.com

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona 16,

Barcelona, España, CP 08034