#キアリ奇形#脊髄空洞症#脊柱側弯症について知りたい情報がすべてつまっています。

ダウンロード

特発性脊柱側弯症、アーノルド・キアリI型症候群、特発性脊髄空洞症は終糸病の表れで、緊張生終糸が引き起こす脊髄の牽引によって起こっています。脊柱、頭部、神経系に兆候が現れ、共通した症状が確認されています。

アーノルド・キアリI型症候群


頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、頸部痛、嚥下障害、不眠症、集中力低下、記憶障害

アーノルド・キアリI型症候群は小脳扁桃が大後頭孔から脊柱管へ下垂する疾患で、緊張性終糸の牽引によって起こります。小脳扁桃下垂以外に奇形は見られません。

特発性脊髄空洞症


温痛覚障害、錯感覚、歩行障害、平衡障害、四肢疼痛

脊髄空洞症は脊髄内に水が溜まる疾患で、空洞の原因は、緊張性終糸の牽引で起こった脊髄内の血行不良による細胞死です。

特発性脊柱側弯症


腰部痛、胸部痛、頸部痛、頭痛、歩行障害、背中の凝り、錯感覚

脊柱側弯症は脊柱が側方に弯曲する疾患で、緊張性終糸の牽引からの回避、または補償の結果、背骨が側方に曲がっています。


治療計画 終糸システム® (Filum System®)

終糸システム®は1000名以上の患者さんに適用された治療計画です。

– 世界レベルの診断法の先駆け

– 最新の低侵襲脳神経外科治療

– 患者さんに合った情報提供と経過観察

– 神経リハビリテーション治療計画

– オンラインでの治療法提案

– 40年間の病因論に基づく実証・研究

– 20年以上の治療実績

– 終糸システム®はバルセロナ終糸アカデミー®で教授され、適用認可が下ります。

成果

 

優れた臨床実績

大きな合併症なし

患者さん満足度調査で高評価を獲得

病気の原因を取り除き、

病気の進行を止め、

 

生活の質を改善。








無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

icb@institutchiaribcn.com

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona 16,

Barcelona, España, CP 08034