椎間板ヘルニア


最終更新日: 09/10/2018, ミゲル・ロヨ医師, 登録番号: 10389. 脳神経外科医、神経内科医
 

脊髄牽引によって椎間板への圧力が増加することによって、たとえ少しの負荷がかかっただけでも椎間板(繊維輪)に亀裂が生じやすくなります。よって、脊髄牽引によって生じる神経頭蓋脊柱症候群、終糸病において椎間板ヘルニアは頻繁に確認されます。

通常、終糸病や神経頭蓋脊柱症候群と椎間板ヘルニアを併発する患者さんに対する治療は終糸切断手術のみで、終糸切断手術後に椎間板ヘルニアの経過観察を行い、症状の持続または悪化が見られた場合には、ヘルニア摘出術を行います(一方、終糸切断手術前にすでに椎間板ヘルニアによる激しい痛みや神経学的欠損が確認できる場合には、終糸切断手術に加えヘルニア摘出術も提案しています)。終糸切断手術を適用後、椎間板ヘルニアの経過観察を行うようになった背景には、過去に終糸切断手術を行って脊髄牽引を取り除けたことで症状が改善し、術後の検査画像から椎間板ヘルニアの改善が見られたためです。

椎間板ヘルニアの手術法に関しては、腰椎椎間板ヘルニアで最も使われている手術法は、部分椎弓切除による腰椎除圧術です。胸椎椎間板ヘルニアでは、胸椎後方除圧術、頸椎椎間板ヘルニアの治療では、自骨または椎体間ケージを挿入して頸椎前方除圧術が行われます。

頸椎椎間板ヘルニア、胸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアそれぞれの解説は以下のページをご覧ください。

頸椎椎間板ヘルニア

胸椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア







無料医療相談・お問い合わせフォーム


無料オンライン医療相談フォーム

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所の無料オンライン医療相談フォームへようこそ。

アーノルド・キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症の症状、治療に関するご相談・お問い合わせはこちらの医療相談フォームをご利用ください。当研究所の脳神経外科医が責任を持ってお答えいたします。

バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
日本語医療コーディネーター 高橋由佳

迷惑メール対策などで携帯メールでのドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるよう設定を行ってください。 @institutchiaribcn.com

※必須事項

診療受付時間

月曜日~木曜日:9時~18時

(日本時間:16時~25時)

金曜日:9時~15時

(日本時間:16時~22時)

土曜日、日曜日:休診

icb@institutchiaribcn.com

お問い合わせフォームで

24時間ケア

+34 932 066 406

+34 932 800 836

+34 902 350 320

リーガル・コンサルティング

法的規制

免責事項

住所

Pº Manuel Girona 16,

Barcelona, España, CP 08034